ペイントホームズ
横浜旭店

外壁塗装 春/秋がベストシーズンな理由

外壁塗装のベストシーズンは一般的に春や秋です。

春や秋に塗装を行うと、適切な気象条件が揃っているため、仕上がりや耐久性が向上します。

 

【春と秋の気温】

・春や秋は温暖で乾燥しており、塗料が適切な速さで乾燥しやすい季節です。

・気温が高すぎず低すぎず、一定していると、均一な仕上がりが期待できます。

 

【湿度の低さ】

外壁塗装の際、湿度が高すぎると塗料の乾燥が遅れ、不均一な仕上がりや剥がれの原因になります。春や秋は湿度が比較的低いため、塗装作業がしやすいです。

 

【雨の少ない季節】

塗装中や乾燥中に雨が降ると、塗料が傷み、不均一な仕上がりになる可能性があります。春や秋は雨が少なく、安定した天気が期待できます。

 

【温度差の緩やかな季節】

昼夜の温度差が激しい夏や冬は、外壁材料の収縮や膨張が激しいため、塗膜の剥がれやひび割れのリスクが高まります。春や秋は温度差が比較的穏やかなため、外壁の影響も受けにくいです。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は外壁塗装のベストシーズンが春や秋と言われている理由についてお伝えしました。

ぜひ参考にされてみてください。