ペイントホームズ
横浜旭店

外壁塗装の塗料の耐久性は10年って本当?

住宅メンテナンスの中でつい後回しになるのが外壁塗装です。なぜなら、外壁塗装は費用が掛かる工事であること、工期が長いこと、手間や労力を要するからです。しかし、塗料自体の耐久性の面では10年程度と言われています。外壁塗装の耐久性が劣ると、白く粉をふいたようなチョーク化現象が起こります。このほか、紫外線による外壁の劣化が進むことによる雨漏りの可能性も否めません。

 

このところ、塗料の品質向上が進み耐久性が高まった製品も増えています。10年以上長持ちする外壁も見られるでしょう。しかし家を少しでも長持ちさせたいなら、寿命を待つことなく10年を目安に外壁塗装を行うことをおすすめしています。

 

外壁塗装時には、家の劣化診断も合わせて行う施工会社がほとんどです。雨漏りはないか、カビや腐食などの発生がないかを確認してから塗装を行うため、住宅メンテナンスも合わせて施工可能です。

 

「うちはまだ大丈夫」などと思っていても、外壁は思った以上に紫外線や風雨によるダメージを受けています。また、塗料にも耐用年数が設定されており、5年程度のものから20年程度と塗料の機能によってかわります。新築や改築時に採用した塗料の商品名などからどのような塗料を使ったのかわかりますので「そろそろ塗装の施工時かな?」と推測できるでしょう。

 

外壁塗装のタイミングが知りたい、費用の見積もりだけでもほしいという場合は、お気軽にお問い合わせください。劣化診断なども合わせて承っております。