ペイントホームズ
横浜旭店

外壁塗装でのコーキングの重要性とは?

 

コーキングとは

外壁塗装におけるコーキングとは目地を埋めるために建物の気密性を高める充填剤を入れることです。防水や外壁の負担を減らすという目的で行われます。コーキングと似た言葉にシーリングがありますが、どちらも隙間を埋めるという点では共通しています。業者に依頼する時はどちらで依頼しても問題ないでしょう。

 

コーキングの最適な時期

コーキングの寿命は立地によっても異なりますが、外壁よりも早く劣化する場合が多いです。一般的には5年~10年を目安に補修工事をするのがおすすめです。日光の影響を多く受ける所や寒暖差が激しい場合、外壁の劣化が早い傾向にあります。劣化症状を見つけた場合には早めに対処するよう心がけるのが望ましいでしょう。

 

主な劣化症状

コーキングの劣化症状で重要なものはヒビ割れ、剥離、痩せ、断裂などです。ヒビ割れがでてくると壁の弾力性が失われ、そのままにしておくと真ん中が割れる破断という状態になります。剥離や痩せという症状は施工した部分が痩せ、放置すると雨水が入ってくるリスクがあるので注意が必要です。

 

コーキングは外壁を保護してひび割れ防止をする、防水するなどの点において重要性の高い工事です。劣化症状を放置しておくと雨水が漏れるおそれがあるため、気づいた時には早めの対処をおすすめします。